屋久島にきつね?「きつねの小判」の正体は?秋になると子供が拾ってくる謎のもの

小さい秋~

小さい秋~

小さい秋~

見つけた

秋になると木の実がたくさんですね。

特にどんぐり!!松ぼっくり

「みて!みて!みて!みて!みて!」

まるでお宝でも見つけたみたいに喜ぶ子供たちそんな姿が微笑ましい屋久島の秋です。

幼稚園から帰ってくるなり

息子、大興奮!!!!

「見てごらん!!」

どうやら、幼稚園での園庭で拾って来たものらしいのですが・・・

茶色くて平べったい豆粒みたいなもの・・・

「母ちゃん、これね、きつねのこばんっていうんだよ!」

なにゅ??

きつねの小判?

なんか、お宝感がすごいネーミング!

きつねの小判!

屋久島にはきつねはいないけど・・・・

きつねの小判!

幼稚園んで流行っているらしくて、子供たちは小さな粒を夢中で集めているそう(笑)

皆さんは、きつねの小判って知ってますか?

幼稚園の園庭で拾って来た

「きつねの小判」

さっそくググってみることに・・・

ほう、なるほど、きつねの小判ってやはりあるらしい。

しかも、

なんと!

「100個集めると願いことが叶う」らしいのです。

へえーーーーー!

おもしろーい。

でも、小さい粒なので集めるのも数えるのも大変。

そんなに、簡単には集まらないよ~と思ったら我が家(住宅)の駐車場にもたくさん落ちていました。どこにでもあるものなのかしら?

きつねの小判の正体・・

実際、きつねの小判とは何なのでしょうか?

おそらく、何かの種。

調べてみると、ハゼの木の種でした。

秋の紅葉がきれいなハゼの木ですが、ウルシ科の仲間なので皮膚の弱い人は木の下を通っただけでもかぶれてしまうと聞いたことがありますが、実は大丈夫なのでしょうか?

カラスの小判とか猫の小判とか呼ばれている地域もあります。

それにしても、

子供達っていろんなも拾ってきますよね~

特に棒切れっ!!

散歩に出かけるときは、

見つけませんように・・・

拾いませんように・・・・

拾っても振り回したり投げたりしませんように・・・・・・

もちろん、私の願い届かず

石や木の枝に始まり・・・

茶わんのかけら

誰のかわかんないバット

(だれのやねん!)

骨だけの傘

(ビニールどこいったん?)

洗濯機の中蓋

(普通そんなん落ちてる?)

どひゃ~~~~~!なものばっか

見事にガラクタですね。

ちょっとお母さんにはその魅力わからんわ~。

困るものばっかり、よくそんなに目につくものだと逆に関心してしまうものです。

気づけば「だめだめだめ!」を連呼してリフレッシュの散歩がストレス溜まるわ~的な事ありますよね。

私自身も、息子との散歩が大変だと感じることが多かったのです。

ややかぶりぎみで

「ダメダメダメ!」

「危ない!危ない!」

と神経をすり減らしていたのですか、

気持ちが変わるきっかけになったのが

好奇心を10秒満たしてあげる」と、男の子は落ち着く

とにかく「これだ」と思ったら後先考えずに行動してみたくなる男の子の好奇心を満たしてあげること。

そのためには「10秒」必要だということ。

命の危険が伴うことではない限り、イライラしても10秒は口を出さずに我慢をして見守ることで、男の子の新は満足するそうです。

10秒待ってから

「危ないからやめよっか?」

などと声かけをしてあげる。

子供の持っている好奇心は計り知れない希望に満ち溢れているのだから。

屋久島の雄大な自然に包まれて感じること。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク