キューレンジャー始まりました。

今週の「視覚探偵 日暮旅人」も面白かったですね~。あんな風に感情が見えたら面白いでしょうけど。見たくないものまで見えてしまったら、疲れてしまうでしょうね。

なんか、スリリングなんだけどほっこりしているところもあり、ゆきじがいいキャラしてるんです。そして、日暮さんの抱えている闇が気になる~。気になる~。

そういえば、子供が生まれてドラマって全く見なくなりました。久しぶりにハマったドラマかも。

家族が一人増えただけで、お母さんの仕事は2倍、3倍にも増えた。

決まった時間にテレビの前に座ることができなかったり、子供が起きてると騒がしくて、ドラマに集中出来ないし、悲しいことに、録画してまで見る体力がないのです。

見るテレビが自然とNHKや朝の戦隊ものに変わってしまった。

うちでは録画の戦隊ものの視聴率が80%を占めています。

そういえば、日暮さんも元戦隊ヒーローでしたね。

先週で朝のヒーロータイム 「動物戦隊 ジュウオージャー」が最終回。ジュウランドと地球が融合してしまうというブッ飛びーな終わりを迎えました。突然、ジュウマンが地球にやって来て大丈夫なわけないじゃん!とつっこんでしまいましたが、ジュウオージャーに続いて新しく「宇宙戦隊 キュウレンジャー」が始まりました。

戦隊物大好きな息子は早速、キュータマがほしいとのことでした。まじかー。

先日、エグゼイドのガシェット買ったばっかりだー。うちはそんなに裕福ではないのです。

そもそも、私は戦隊ものおもちゃを買うのは反対派。いい値の割りに、一年終わってしまうし、次々に新商品が販売される。片付けないし、部屋中おもちゃだらけ。

そもそも、子供が欲しがるおもちゃを次々に買い与えて良いののだろうか?という疑問。主人は、子供の頃自分が戦隊もののおもちゃを買って貰えなかったので買ってあげたいのだとか。すべては買わないけれど、人気があるやつくらいは買ってあげてもいいんじゃないかと言う主人。

戦隊ものは男にとっていくつになってもかっこいいものなのかしら?

でも、おもちゃと言えども、どうやったら格好よく見えるか、持ち方だったり、セリフをまねたり、テレビを見ながら研究している息子。くだらない事に見えても子供にとって何かを真似るということは大切な事なので、戦隊もののおもちゃもデメリットばかりではなさそうです。

しかも、とってもよく出来ている。

4歳の息子いわく「これは、おとげー(音芸)が いいんだよー」ですと。

バンダイさんを絶賛しています。

欲しいおもちゃをゲットできて、喜ぶ息子を見るのが好きな主人。

実は、喜ぶ息子を見て喜んでる主人を見るのが好きな私。

おもちゃが我が家に幸せをもたらしてくれているのは言うまでもなく。

また、キュータマも集めることになりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク