屋久島で食べたい海の幸!魚好きにはたまらない!食べずしては帰れないグルメ

屋久島旅

おいしい感動もはずせません!

旅先での食べるご飯は感動のレベルを左右するかなり重要なファクター。

屋久島の自然を満喫した後は、心もおなかも大満足の屋久島ならではの海の幸を紹介します。

屋久島ではテッパンの海の幸

屋久島はぐるりと海に囲まれた島。

ダイビングスポットとしても知られ、黒潮の本流にのって沢山の魚がやってきます。

屋久島の人気のグルメと言えば、鮮度抜群の地魚!

首折れサバのお刺身

屋久島のサバの美味しさはケタはずれ!

屋久島近海で取れるサバはゴマサバ。一般的にはサバの刺身と言うと「ちょっと・・・」と思われる方が多いのですが、屋久島ではサバは刺身で食べるのが屋久島流。

屋久島では一本釣りで釣りあげたサバを釣ってすぐにその場で首を折り、血抜きをし鮮度を保ちます。釣ってすぐに首を折ることから首折れサバ」と呼よび、鮮度がいいので屋久島ではサバをお刺身で食べることができるのです。

マサバに比べて脂肪分が少なく刺身にすると身のしまったぷりっぷりの歯ごたえが味わえます。

ただし、首折れサバは鮮度が命。

その日の漁の都合でお出しできない場合があるのでご注意を!

屋久島では昭和の初め、子供たちが学校に行く前にその日に水揚げされた鯖を近所に売りに言ってから学校に行ってた。なんて、風習があったり、今でも一部の地域では朝食にサバのお刺身を食べていたり屋久島のサバ刺しは、島の人達にとってもとってもポピュラーなものです。

飛び魚の唐揚げ

一匹まるごと姿揚げ

屋久島の名物料理と言えば「飛び魚の唐揚げ」今にも飛び上がらんばかりの姿に驚き!

屋久島の安房港で水揚げされるのが飛び魚。なんと、日本一の水揚げ量を誇ります。

日本海側ではアゴとも呼ばれ、お出しにされることが多いようですが、屋久島では、丸ごと油で揚げて姿揚げにします。そうすると、羽もパリパリおせんべいのように食べられます。

屋久島に来たらこれを食べずには帰れません!

ちなみに、飛び魚は海の上を平均200m飛ぶことが出来ます。ギョギョっ。運が良ければ鹿児島から来る船から飛び魚の群れの華麗な飛行を見ることが出来ますよ!

つきあげ

フワフワ、ぷりぷり触感

メニューを見て「これなんですか?」と質問が多いのがつきあげ。

こちらは飛び魚のすり身を油で揚げたもの。屋久島の郷土料理のひとつです。

鹿児島のさつま揚げに似ていますが、屋久島の「つきあげ」は飛び魚のすり身を使い、揚げたてはふわふわで噛めば噛むほど味があって美味しいのです。飛び魚のすり身はお土産物屋さんでも買えますが、野菜を入れたりチーズをれたり各お店のオリジナルがあってどのこのお店で食べる「つきあげ」も甲乙つけがたく美味しいです。

お土産にも人気があるのが、飛び魚のすりみ、ボールに入れてよくこねて油であげると「つきあげになります。

亀の手(かめんて)

「亀の手」は屋久島では昔から食べられている家庭料理の一つです。

名前だけで想像すると「えー食べれるの」という感じですが、

亀の手とは屋久島近海の岩瀬についているフジツボの仲間。見た目が亀の手に似ていることからこの名前が付けられています。消してカメさんの手のぶつ切りではありません。

殻をむいて中身を食べます。塩ゆでもしくはお味噌やお醤油で焚いて食べます。お出汁がよく出るんですが、こちらに関してはお味の説明がうまくできないためチャレンジあるのみ!

きびなご

小さいけれど食べごたえ十分

「きびなご」は体長10センチ前後の小さな魚で鹿児島県の食卓には欠かせないものです。屋久島も鹿児島県なので島のもきびなごをよく食べます。

きびなごの特徴は体に入った美しい銀色の模様。鹿児島県では帯のことを「キビ」といい体の模様が帯のように見えることからきびなごという名前の由来になったんだとか。

頭からしっぽまで丸ごと食べます。お刺身で食べれるところもありますよ!

鹿児島県民はきびなごを包丁を使わずにさばくと言いますが、もちろん屋久島も鹿児島県なので大抵の人は手ではさばきます!

豊富な海の幸

屋久島の魚料理はどこで食べても美味しいので、せっかく屋久島に来たらぜひ、海の幸をご堪能ください。

こちらで紹介したものは、一年を通して屋久島で食べられます。

その他にも各店舗その日に水揚げされた新鮮な海の幸を準備して皆様のご来店をお待ちしていますので、「今日のおススメなんですか?」と一声かけることをお勧めします!

屋久島の人は気さくな人が多いので、ついつい話が弾んでそこからあなたも屋久島のとりこになってしまうこと間違いなし!

その他にも珍しい魚が豊富

*チレダイ  本土ではアカタマガシラと呼ばれ、珍しく白身の魚で唐揚げにすると身がぷりぷり

*黄ホタ  本土ではウメイロ高級魚で知られるアオダイに似た魚。透明な身はお刺身で食べると美味しいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク