屋久島歴史民俗資料館で歴史を知ろう!

宮之浦の散策 ~屋久島歴史民俗資料館~

海と山に囲まれた島の人々がどのように暮らしてきたのか?
屋久島に来たからには少し覗いて見ませんか?
屋久島の歴史を知るならここがおススメ!!

屋久島町歴史民俗資料館どんなとこ?

屋久島町歴史民俗資料館は屋久島で暮らしてきた先人たちの文化や暮らしを知ることができる資料館です。なんと入館料はたったの100円!!

館内には屋久島から出土した土器や文化財を展示しています。屋久島は昔から台風が通り道であっため多くの貴重な資料が流されてしまいました。そのなかでも重要な資料を展示しています。

山で大きな屋久杉を伐り出し、畑を耕し、海に漁に出て、「山に10日 里に10日 海に10日」と言われた島の人々がいかに知恵と工夫を凝らして生活していたか実物の農具や漁具を展示しわかりやすく説明しています。

伊能忠敬について

みなさん伊能忠敬という方をご存じですか?そうです!日本地図を作った方です。

伊能忠敬は50歳の時に31歳の高橋至時に弟子入り55歳から地図を作り始めました。

実は屋久島は伊能忠敬が測量した最南端の島なのです。

その、伊能忠敬の作った地図や文献が歴史民俗資料館で見られるんです!!

当時、16人の測量隊を連れて屋久島に上陸した伊能忠敬はかけて屋久島を北回り、南回りに分かれて屋久島の地図を完成させました。

島でのエピソードも展示されているので必見です!

レアおみくじ

歴史民俗資料館で楽しめるオリジナルおみくじ。実は益救神社にあったもので自動販売機式ののおみくじなんです。くじの内容もオリジナルで屋久島のおススメのスポットを紹介してくれます。

アクセス

*宮之浦港から車で5分ほど、バス亭宮之浦支所から0分

*開館時間  9:00から17:00(入館は16:30まで)

*休館日   月曜日

*電話    0997-42-1900

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク