妊娠・出産 パパもママも受け取れるお金 「社会保障の色々」

働くママがもらえるお金

育児休業中の人はパパでもママでも雇用保険制度からの保障があります。育児休業中の収入ダウンをカバーしてくれるのが「育児休業給付金」です。

育休中の給料をサポートする

育児休業給付金


産休後、育児の為に育児休業を取った人にお金が支給される制度が「育児休業給付金」ですこれも「社会保障」

対象になるのは、雇用保険に加入していて、育児休業後も働き続ける人です。出産後、育児休業を取らずに職場復帰する人、育児休業後に退職予定の人、雇用保険の対象ではない人はもらうことができません。

原則として、育児休業を開始た日前2年間に1か月に11日以上、仕事をした月が12か月以上ある人が対象です。また雇用期間が決まっている人も条件があるので確認しましょう。

支給期間は、育児休業を開始した日から育児休業終了日まで。女性の場合、産休中は出産手当金が収入をカバーするので、育児休業の対象となりませんが、男性が妻の産休中に育児休業を取った場合は対象です。

支給額は、育児休業開始から6か月は休業開始時賃金日額×支給日数×給付金67%となります。

通常、子供が1歳になるまでですが、保育園に申請をしているのにもかかわらず入園できずにいるなどの特別な理由があれば1歳半まで延長することができます。

退職するママもお金がもらえるかも。


やむお得ず仕事を退職するママさんにはこのような社会保障があります。

「失業給付金」です。「失業給付金」は失業中の生活を心配しないで、新しい仕事を探すことのできるようにお金をもらえる制度です。

貰えるのは雇用保険に加入していた人で、働く強い意思と能力のあるにもかかわらず、就職出来ない場合です。

必要な雇用保険の加入期間は、妊娠・出産で退職する場合は、年齢に関わらず、退職の2年以内に11日働いた月が12か月以上です。仕事をしていても雇用保険に加入していなければ対象外です。

妊娠・出産で退職するといつでも就職できる状態じゃないので、退職後すぐに失業給付金をもらうことはできません。出産後しばらくたって、就職できる状態になったときに、初めて「失業状態」になり、「失業給付金」をもらえる対象になります。

「失業給付金」の受給期間は、原則退職してからの1年間ですが、妊娠・出産を理由に働けない人には短すぎます。そこで最長3年間延長できるという特別な措置があります。

産後に再就職を考えている人は延長届けを出しましょう。

手続きは退職をして30日を過ぎてから1ヶ月以内に住所を管轄するハローワークで行うことができます。

給付金の支給手続きは産後、働けるようになってからです。

給付金の額は、退職前6か月の給料を元に計算され給料日額の50%から80%×日数分です。

妊婦検診や分娩・入院費には健康保険が適用されないので、考えている以上に出費がかさみます。だからこそ私達の暮らしを守る「社会保障」を活用しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク