のびのび子育て~4歳児の男の子イタズラを上手に受け止める~

男の子のいたずらどこまで許せる?元気な男の子あるある

掃除機をかけると必ず寄って来て戦うのってなんでだろ~

我が家では掃除機をかけるたびに4歳の息子がよってきて「コノヤロー」とかいって戦いをはじめます。掃除機に股がったりノズルを持ち上げようとしてみたり、本当にジャマです。

「やめてー」と言ってもしつこくついてきます。

いつもそれで、けんかになるのでいい解決方法はないかと「掃除機 戦い」で検索すると犬の動画が出てきた(笑)

参考にならない

息子、

犬子供と同じレベルなのでしょうか(笑)むむっ。

THE男の子ですね。

元気すぎる男の子の子育てに悩みます。

子供は好奇心がある方がいいというけれど。好奇心があり過ぎるのも困ったものです。

子供の好奇心赴くままに行動させると、こっちらがどえらい目に合うのですから。

先日も、お風呂場で何かしているなーと思えば湯船に洋服のまま浸かっていました。

もちろんすぐさま、お洋服を脱ぐようにに声をかけると、固くて脱げないと言いながら全身びしょ濡れで廊下を歩いてきた。

廊下がびしょ濡れになったことは言うまでもなく。

なんで、こんなことするの?

もちろん私の地雷はボカーンです。

廊下には沢山の水溜まりができてしまったのですから、怒鳴り付けて叱りました。

でも...

そんなとき、もっと私が子供の心に目を向けることができたならば、事態はもう少し変わっていたかもしれないと思うのです。

子供のイタズラあなたはどのように許す?

子供のイタズラで検索すると、とても良いことが沢山、書いていましたよ。

特に、男の子の場合、イタズラや好奇心が成長の過程では欠かせないものなのだとか。子供の頃の探究心が成長したときの踏み出す一歩を後押ししてくれるのだそうで。

わかっているんです。でも、心に余裕がないせいか、

私の頭は、

「いたずら=大変な後片付けやそうじ」

ってなっているんですもの。

イライラするし、つい怒ってしまう。

でものいたずらはイタズラではなく自由研究と思うと、どうでしょう。

大人にはイタズラに見えることも子供にとっては好奇心のすべてが成長のための研究材料なのだと。

ちなみに息子は「洋服のままお風呂に浸かると硬くて脱げななくなるウウウーー」と言っていました。

洋服が濡れる=硬くなる(重い)

ということを学んだようです(笑)

お風呂に洋服のまま入るとこは、けして良いことではないけれどイタズラ=学びだとしたら、怒鳴りつけずに、お洋服が脱ぎにくくなるし、廊下がびしょ濡れでそうじも大変だから洋服は脱いで入ろう。

で済む話しだったのかもしれないと思うのであります。

もちろん、ママも人間ですもの。いつも穏やかでいれない時もありますが

子育てって親も子も共に成長する。

子供の好奇心と共にイタズラを受け止める大きなを育てましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク