初心者向けブログの初期設定&修正ガイド。

迷い中で見つけた希望の光        広告収入への第一歩を踏みだした。

ゴールデンウィークも終わり、皆さんはどんな連休を過ごされましたか?

屋久島のGWの様子

屋久島の港には大型豪華客船パシフィッツクビーナスが入港していました。

縄文杉のシャトルバスはピークが600人ちょいと例年より少なめ。

やはり、世界遺産に登録された奄美が影響しているのでしょうか?

旅行に出かけた方、家でゆっくり過ごされた方、お仕事の方・・・

それぞれのゴールデンウィーク。

もちろん私は後者です。食堂は大型連休が一番の稼ぎ時ですもの。

お客様に屋久島楽しかった、料理がおいしかったーと喜んで頂き私も元気をもらいました。

我が家の小さな子供たちにとってはどこにも行けない連休は少しかわいそうでしたけど、頑張ったぶんいつか旅行に行くぞーーーー!と母は心に決めています。

屋久島には無い大型テーマパクに行きたーーーい!

アドセンスに受かるも収益0

家計は毎月ギリギリ。ギリギリ最強あいまいみーなのですよ。

半年前から始めたGoogleアドセンスも全く集客できず、収入は毎月0。

毎月のドメインの契約料金すら負担になっているという、もはやギリギリアウトーー!

元々、文章を書いたこともなく、パソコンもあまり使用したこともなく。

でも、家計の為にと始めたアドセンス。

私には無謀な挑戦だったのかな。

でも、ここまでやってきて、ここでやめるわけにはいかない。

自分が苦しいと思っているときは、誰しも苦しいと思っている。

その壁が越えられるのか?

あきらめたらそこで試合終了だ!

あきらめるなしがみつけ!

自分に喝を入れ、一歩前に進んでみました。

「助けて」を声に出したら何かが変わる

不安な気持ちを抱えながらパソコンに向かう日々が続いていました。

これでいいものなのか?

もう、自分一人の力では限界でした。

何がわからないのか、どこに苦しんでいるのかを声に出してみよう。

知らないことは、恥かしい。でも、誰でもきっと初心者なはず。

そんな、モヤモヤした気持ちから脱出すべく、私は

ココナラというアプリでアクセスアップ、ブログの手直しをしてくださる方に依頼してみましした。

すると、幸運にも素晴らしい方に巡りあうことができ早速、改善点が送られてました。

屋久島のブログなのに画像がないのは致命的欠陥それにブログの基礎が出来ていないということを指摘されました。

まとめるとこんな感じ。

  • サイトののタイトルが何を意味しているのかわからない
  • 屋久島の記事に写真がない
  • 記事のタイトルが何を伝えたいのか連想しにくい、長くてもいいのでわかりやすく
  • 小見出し、色、絵文字で変化をつけた方が良い
  • 基礎の設定が出来ていない

がびょーん。全然だめじゃん(涙)

でも、言われてみれば、まさにその通りなんですよね。読んでくださる人目線ではなく、我が我がになってしまって客観的にみれていなかったのだと。

おっしゃる通り。実はブログを書き始めてから、これでいいものかとブログの書き方をずっと悩んでいたんです。でも、誰に相談すべきなのか、何を修正すべきなのか、どこがわからないのかそれさえもわからずにいたのです。

言ってしまえば、何もかもわかっていなかったのです。

そして、その方から送られてきたのがこちらでした。

Webサイトを作ったらまずやるべきことチェックリスト

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/06/02/5769

最初の初期設定のをしとくといいそうです。

ありがたい、なるほどですね。

ってことで、さっそく読んでみると。

うーうー、頭パンクする。

大切な事が書いてあることは、雰囲気でわかりました。普段使わない言葉なので、カタカナさえも読めない(笑)

私のような右も左もわからいような初心者さんには少し難しい内容でした。

本当は、理解できていなければいけない内容。

でも、ほとんどの方がここでつまずくのではないでしょうか?

こちらは、少しわかりやすくなっています。

ブログを始めたら、まず最初にやった方がいいこと

https://ameblo.jp/beauty-shizuku/entry-12268936250.html

声にだしてわからないを伝える大切さ。

そこから見えてきた新しい世界。

変わりたい、変わらなきゃいけないんだ!と心がそう思った時に一歩踏み出す。

声に出して伝えることで、ぐっと世界が広がった気がする。

アドセンスこれからも一歩一歩、進めていきます。

思いもよらず素敵な出会いを見つけた今年のゴールデンウィークでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク