SDGsって何?目指すべき17の目標をわかりやすく説明

最近、新聞やテレビでよく耳にするSDGs

皆さんはSDGsについてどれくらい知っていますか?

学校や仕事を通じて少しずつ認知度も上がってきています。

SDGsはこれからの未来を生きる子供たちに大きく関わるものです。

今回は、子供でも分かるようにSDGsについて解説したいと思います。

「SDGs」の読み方

SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略。

読み方はエスディージーズ。

日本語では「持続可能な開発目標」と言います。

SDGsの最後のsが小さい理由は複数のゴールを意味する「Goals」からきています。

よって読み方は「エスディージーエス」ではなく「エスディージーズ」です。

このようにSDGs関連の単語は難しいものが多い・・・・・

ですが、ぜひ「エスディージーズ」覚えて欲しいです。

スポンサードリンク

SDGsとは?内容と政策

SDGsでいう「持続可能」とは、将来にわたって地球環境や社会を維持でき、さらには発展していくという意味。

そのため17項目の「大きな目標」を掲げて、それを2030年までに達成しようというのもの。

その「17の目標」は、以下の通りです。

私たちにできること、小さなことからぜひ親子でSDGs達成のための取り組みを始めてみるのはいかがでしょうか?

1.貧困をなくそう

2.飢餓をゼロに

3.すべての人に健康と福祉を

4.質の高い教育をみんなに

5.ジェンダー平等を実現しよう

6.安全な水とトイレを世界中に

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

8.働きがいも経済成長も

9.産業と技術革新の基盤をつくろう

10.人や国の不平等をなくそう

11.住み続けられるまちづくりを

12.つくる責任 つかう責任

13.気候変動に具体的な対策を

14.海の豊かさを守ろう

15.陸の豊かさも守ろう

16.平和と公正をすべての人に

17.パートナーシップで目標を達成しよう

『SDGs』というのは、世界を変えるための17の目標です。

世界の国々は、さまざまなことで意見が対立していますが、

『同じ地球に住む以上、これだけは一緒に取り組んでいきましょう』と決めたもの。

サステイナブルとは、持続可能という意味です。

これは、地球が私たちの住み続けられる環境であり続けるようにという意味であると同時に、

私たちが取り組み続けられることをしよう、という意味があります。

SDGsの目標はとても大きなことが書いてあります。

しかし、1人1人が小さな行動を積み重ねることで最終的に目標を達成に近づきます。

難しく見える目標ですが、私達がすぐに始められることもたくさんあります。

では、SDGs達成のために今日から「私」にできることを挙げていきます。

ぜひ参考にしてみてください!

SDGs達成のために今日から「私」にできること

SDGs達成のために今日から「私」にできる事ってなんだろう?

  • 貧困国のために食料支援や教育支援をしている団体のHPから寄付をする。

  • 食品ロスを減らすために買いすぎないようにしたり保存方法を工夫したりする。

  • 電気をこまめに消すなどエネルギーを無駄にしない。

  • 家族や友達にSDGsのことを教えてあげる。

  • SDGsの勉強会に参加したりSDGsが学べるゲームをやってみる

  • SDGs関係の記事(例えばこの記事)や投稿にいいね!を押す・SNSで拡散する。

  • エコバッグを持ち歩く。

  • プラスチックごみを減らす。

  • 差別をみたら勇気を出して注意したり相談窓口にいく。

  • SDGs関連の本を読んでみる。

いかがでしたか?

ほんの一部ですが、どれもすぐにに始められそうですね。

SDGsは地球に住む一人一人が行動や考えを変えることで目標達成につながるのです。

SDGsは大文字のSは「持続可能」

SDGsの目標を達成することは、私たちのこれからの人生、

そして子どもや孫の人生がよりよいものになることを目指しています。

そのためには、いまある世界を将来まで持続させないといけません。

豊かな自然がなくなったり、海産物が食べられなくなったり、いまよりさらにひどい差別があったりしたら、子どもや孫の代はきっと悲しむでしょう。

将来世代が苦労しないためにも私たち1人1人の行動でSDGsを達成することが大切なのです。

みんなができるSDGsへの貢献のひとつとして、「エシカル」な暮らしというのがあります。

スポンサードリンク

「エシカル」ってどういう意味?

英語のethicalは「倫理的な」という意味です。

ん~、むずかしいですね。

「倫理的な」消費とはどういうことでしょうか?

「エシカル消費」って?

「エシカル消費」とは、人や地球環境、社会のことを考えた消費のことです。

何を買うのか、何を食べるのかを「選ぶ」だけで、目標「つくる責任つかう責任」のほか、たくさんのSDGsに貢献できてしまうんです。

世のため、人のため、地球のためになる消費

この先の世界が今以上によくなるために、2030年までに世界の人全員で協力して解決したいですね。

100%エシカルで環境に良いことができることは理想です。

しかし、その生活を追い求めすぎて、急にこれまでの生活を180度変えたことで、体や心に負担をかけすぎるのは良くありません。ゆっくりと自分の生活を”エシカル”なものへ変えていき、少しずつ新しい習慣にならしていくことが大事だと思います。

「なるべく環境に良くないもの、大量生産で安価な使い捨て商品の消費を避けよう」

「ものを大事に長い期間使おう」

「オーガニックやフェアトレード商品を購入して、生産者や開発途上国の支援をしよう」

と少しでも意識することが大事です。

ゆっくりマイペースに・・・少しずつはじめることで、エシカルな行動が徐々に増えていきますし、無理なく続けていく事へ繋がります。

小さな行動も、何年〜何十年と続ける事で、大きい結果につながります。

美しい地球や環境で未来も安心して過ごせるように、サステナブル(持続可能)な社会を目指し、みんなで取り組みましょう。

「エシカルや地球環境にやさしい行動」は

自分の身近にあることから始められます。
行動へうつすと、思いがけない出会いや発見もあるので、地球に優しいだけでなく、新しいことを始めることで自分のライフスタイルへとても良い影響を与えてくれます。

みなさんそれぞれのエシカルな行動を見つけていただけたらと思います。

何か「自分にできそうなこと」を見つけたら、その行動を持続させてみてください。


気まぐれ日記ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする